2006年02月08日

戦国自衛隊関ヶ原の戦い

1部を見て2部も見るぞー!!!って思ったんですが、1時間ほど見逃しました(泣)
なんで録画しなかったかなー私。
残業ナシで帰れるって思ったのが間違いでした。

この話、なんとなくラストはイヤな予感してましたが、本当にバッドエンドでした。
伊庭さんの神社エピソードや帰ったらまず何をする?っていう話をしている時点でダメかも…って思いました。
残り時間を考えると十分バッドになる要素あるなぁって思ったわけです。
でもね、伊庭さんの最後は悲しすぎですよ。
あとほんの少しタイムスリップが早ければ生きて現代に帰っていたのに。
こうならないかなって期待したのは以下のこと。

その1:伊庭さんは負傷しながらも現代に帰る。
    重体だがなんとか生き残る。
    元気になった後で例の神社を訪れる。
その2:秀秋が盾になった瞬間にタイムスリップ。
    伊庭さんは「秀秋ー!!!」って叫びながら泣く。
    とりあえず伊庭さん無事。
その3:伊庭さんと秀秋で現代へタイムスリップ。
    秀秋は重体だがなんとか生き残る。
    伊庭さん無事。
その4:夢オチでみんな無事。

1〜3に関しては仲間はみんな死亡(サトエリと布施さん除く)

最後の現代に戻ったサトエリはよくわかりませんでした。
サトリを開いているんですか???
神社での伊庭さん妻子エピソードでは不覚にも涙が出ちゃいました。
こういうの弱いです。

まぁ、いくら現代の技術といっても、何万という大軍に対しては勝てるものではないですね。
戦国武将も鉄砲というものは持ってますしね。
私は弾薬とか燃料がいつ尽きるだろうかって、すごく気にしながら見てました。
だって尽きたときが最期だと思ったので。

最後はいろいろ賛否両論あるかもしれませんが、なかなか面白い話だったとは思います。
個人的には伊庭さんには生きていてほしかったし、秀秋だって生きていてほしかったです。
もちろん仲間の方達もです。
23:10で放映が終わらないものかと本当に思ったものです。
posted by ひーちゃん at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。