2005年09月25日

種運命PHASE-49「レイ」

今回の話…いろいろ語るべき点はあると思うけど、私の中で一番の衝撃はコレ。

キラ様主役ですかー!!!

いや、前から主役ってキラ様っぽいわ〜とか思っていたりしたけど、ついにやってくれましたね。
別にシンが一言も話さなかったわけでもなく、キラ様が異様に目立ちすぎていたのか?ということでもなかったと思うんです。
なのに…ED見た瞬間に唖然としてしまった。

     声の出演

キラ・ヤマト   保志総一朗
アスラン・ザラ  石田  彰
シン・アスカ   鈴村 健一
ラクス・クライン 田中 理恵

無印な種時代に戻ったんですかー!?
主役って…シンじゃなかったんですかー!?

今までにも確かにシンが一番じゃないことはあった…。
だけど、こんな普通の話ではほんのちょっとしかシンが出てこなくても、声の出演は一番だった。
49話目を迎えて…ついに主役交代なんですか!?
キラ様だけでなくアスランにも抜かれたシン。
アスランは不動の2番手だけどさー。

とにかく、25分ぐらい見た話の内容が全部吹っ飛ぶぐらいに驚いた。
シンが気の毒でならない。

こんな悲しい主人公?を演じてこられた鈴村健一さんはスゴイよ。
我が家にラジオ大阪の電波が入ったら、「スウィートイグニッション」を聞くよ(笑)
これから鈴村さんのこと応援するよ〜。

で、更にとどめまであったこの話。
次回予告ってやつです。

明日を信じて、飛べ!フリーダム!

三石さん…?
最終回だよね?
主役であるはずのシンのMSはディスティニー…。

最終回はフリーダムですかー!?

OPのタイトルバックも取られ…最終回の次回予告コールまで取られたんですか…。
こんな悲しい主人公機ってあるんですか?

運命って一体なんだったんだ?
シンの存在って?
来週の最終回がすごく気になるよ…キラ様主役?
最後に宇宙空間を漂ったキャラが主人公って思っていいのかな?
その前に、漂うのかどうかわかんないけどねー。
シンは今までのガンダムシリーズのどのキャラで最後を迎えるのか?
カミーユか?とも思ったけど、そうじゃない可能性もあるよね。
でも、ドモンではないと思う…キャラが違う、たとえMSの技が似ていようとも(苦笑)
楽しみにしておこう。

ここまで全然本編に触れてないんだが…本編以外が気になりすぎたんだよ。
本編についてだけど、なんで今回のサブタイトルが「レイ」なのかよくわかりません。
タイトルに使うぐらいなので、もう少しレイというキャラに焦点を当ててほしかったのですが、いろいろと詰め込む内容が多すぎて、なんとか言わせたい台詞は言わせたぞって感じです。
あと5話でもあったら、レイの苦悩とかを掘り下げることができたんじゃないかな?
正直なところ、あっさり言われたのでしょぼん。
だからタイトルにするまでもないと思うんですよね。

前回から気になっていたイザーク&ディアッカですが、ラクス側のようですね。
ここにももうちょっとストーリーがほしかった…。
なんでも突然すぎるんですよー、なんか書ききれてない感じがします。
ただ、議長サイコー!じゃなくてよかった〜、コレだけは本心。

ムウ&マリューはとりあえず記憶戻っておめでとー。
種のときはMSまでやられたけど、アカツキってすごいMSだなぁ…。
ミネルバの陽電子砲防ぐんだからねぇ。
なんでもこいって感じに思っちゃいますよ。
ただ、ムウの記憶戻るのはいいんだけど、戻ったことによる苦悩とかあるはず。
きっとそんな話は書いてくれないんだろうけど。
あとはムウ生き残りの謎は、記憶を取り戻すときの回想シーンだけで終了?
なんかやっぱり話数ないから話が削られたように感じられる。
ムウの記憶話だけで1話とまでいかなくても1パート使ってもいいと思うんだけどな。

もう一人心配キャラのルナマリア。
これは次回に心配持ち越しな感じ。
ドムの皆さんにやられちゃうかと思ったけど、なんとか今回は生き残りました。
メイリンの声は聞こえてるかい?
来週はなーんかイヤな感じ。
次回予告の後で少し次回映像が流れるけど…インパルスやばくない?
残るかなーどうかなー。

なんだかんだいいつつも来週は最終回。
放映時間は30分繰り上げの17:30

忘れずに録画を。
posted by ひーちゃん at 18:32| Comment(4) | TrackBack(37) | 種運命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。